光と闇

私は家電量販店で働いています。最近だと、お笑番組で家電芸人とかやってくれたお陰で結構色々と反響を頂いたりするようになったものの、全然裏側な部分はまだまだ知られていないと思います。
正直私たちがなぜあんなに特化してとても詳しく家電のことを知り尽くし、お客さんが嫌がるとはわかっていながらも接客をしにいくのか。その理由にこそ闇が隠れています。
あのような接客をするスタッフは基本的には普通のアルバイトではなく勿論、社員さんです。
なので最低限の固定給は出ているものの、それは言ってしまえば雀の涙のようなものです。
この就職難と言われている中、そんなことを言っては怒られるかもしれませんが、本当にその程度のものです。
では後は、どこで稼ぐかというと、そうあの営業を掛けて売上をのばすこと、それ以外にないのです。
さらに、以外に思うかもしれませんが、家電量販店の大体は全て体育会系なのです。
それも、普通に各フロアを取り仕切っている人間だけではなく、上層部にあたるような方々皆さん脳みそまで筋肉で出来ているような体育会系の方々なので、上限関係は厳しく、頭の堅い中高年層もそういう方々が多いので、若い男性にはとことん厳しいのです。
社員に厳しいのは最低限理解が出来るものの、他にも派遣社員にも大変厳しい当たりをするので、人の出入りがとても激しい環境です。
もうどんどん売って、売上をのばさないとこちらがたたかれるので、如何にお客さんに気にいってもらうか。
それは商品だけではなくて、一人の家電量販店の人間として。
そこから少しずつあの人がいるあそこで家電を購入しようと思ってもらえるように尽くしていかないことには、家電量販店で働く私たちに明日がないのです。
未だにお客様は神様としてしっかり扱うことを社員にまで徹底されているのは家電量販店くらいではないでしょうか。
最近ではライバル会社であって●田電気が店舗を縮小するとか、そういった情報が入るや否や、私たちがもっと頑張ればうちは●田電気よりも数倍は家電を売ることが出来るはずだ、とか。
毎日のストレスがあまりにも過大すぎて、私はデパスを飲み始めて、さらには会議なんてある日にはデパスでもどきどきしてしまうので、抗うつ剤を飲む程です。
月末辺りなんてほぼ毎日抗うつ剤を飲んでいるほどです。
正直精神安定剤がないとやっていられない程なので、是非皆さんもし宜しければオタクの家電を全替えしませんか?